形而上学のすすめ!

形而上学を学び進める事をおすすめします。
これを学び進める事で将来、良からぬ新興宗教に捕らわれる事も無く 人生を歩む事が出来ます。
それに、色んな宗教を客観的に捉える事が出来るようになり、それぞれの宗教組織の持つエゴが理解出来るようになり、何が本物で何が偽物かが理解できるようになり、人としての生きる目的も理解できるようになります。
人々の倫理的な部分は昔から「宗教」が担っていましたが、宗教組織で取り込んでしまう「宗教エゴ」に影響される事は無く、宗教的な精神論を含めて今後は形而上学と言う学問で理解できるようになり、宗教組織には出来なかった統合が可能になります。
すなわち、いかなる宗教組織にも属さず、宗教的な精神論を理解できるようになると言う事で、科学では説明の付かない現象が存在していると言う事を前提にして物事を見るのがこの形而上学の初めの1歩です。

臨死体験者の話!

ネットで見つけた臨死体験者の話です

あの世は
今回の人生の貢献度、修練度他・・・
このようなもので住み分けされている

輪廻転生の目的は
全うしないといけない役目がある為で
全うできなかったらお仕置きで
ハードモードに転生か、過去修正のやり直しのどちらかしかない。

自殺をすると
別の意味で苦しむ事になる
逃げるための自殺の場合は
同じ課題かあるいはもっと酷い課題の人生に転生する事になる
あの世に逃げるよりは、この世で逃げた方が良い

一度、頭の中に自殺と言う選択肢が生まれると
少なくとも半年は、「あいつら」(悪魔側?)からに魅入られる
そこを耐え抜いたら
「あいつら」と現実の問題なんて、何とかなる。


と言う話で話はここまですが、この話は正解で
この人は「あいつら・・・」と言う言い方をしていますが
こう言う存在が在る事も事実で
これは、人々の心の中に在る、悪魔的な思考の集合体ですね。
この集合体からの力で世界中で色んな問題(戦争とか)を起こす
原因にもなっています。
このような悪魔的な集合体の力を弱める事も人類の進化の過程でもあります。

ではどうすれば良いかと言うと
これには、人類全体の壮大な作業が必要になってきます

地上から人を殺したり、暴力的なドラマや映画を無くす。
不安を煽るようなドラマや映画を無くす
正義感を駆り立てて殺人をするような映像も含めて・・・です
「あいつら」は不安をエネルギーにして大きなっています

この「あいつら」の力を弱める
まずはこう言う所から始めるしかないのですが
今の社会では、「言論の自由」と言う考え方が優先され
人の不安感を煽るドラマや映画も平気で放送されたり
漫画や映画にもなっています。

こう言う作品の力で悪魔的存在に栄養(エネルギー)が送られている
と言う事を早く理解した方が良いですね。

社会としての方向性を書きましたが
個人的には、それぞれの人の中にある「あいつら」の力を弱める作業が必要で
暴力的な映画を見ないとか、人を憎んでいると思ったら
自らを戒め、自分の中から「あいつら」へのエネルギー供給を
無くして行く作業が必要ですね!

大いなる問いかけ・・・

嫌な事をされて、
どうしたら誤解を解けるのかとか
どうしたら反撃できるのかとか
考えていると負の感情に支配され
頭がおかしくなるくらいの時があります。
それは・・・

そう言う事をされる意味は
「大いなる問いかけ」・・・と
解釈されると良いかと思います。

問いかけの内容は
貴方はその嫌な事をしてくる人を愛する事が出来ますか?
と言う問いかけです。

私が信頼出来る人の言葉として
その昔ナザレのイエスと言う人がいます
と言っても私はキリスト教徒では無いですが・・・
そのイエスは、が言いました
貴方を愛してくれる人を愛したからといって、
それがどれほど価値のある事だろうか
貴方は、貴方を憎む者のために祈りなさい・・・と
貴方の敵を愛せよ・・・と言います。

これは真理で
貴方に対して色んな嫌な事をしてくる人を愛せますか?
と言う話で、大いなる問いかけをされていると認識すれば良いですね。

「大いなる」と言うのはこの宇宙の根本創造主の事で
全ての生命はこの大いなる存在に近づこうとして存在しています。
特に私達、知的生命体はこの魂の進化の方向性の認識を
持つ事が出来るようになっています。

問いかけは、
これを克服できますか・・・と言う意味ですね
この問いかけは、ありとあらゆるレベルで
その人の成長レベルに応じて起こっています。

凶悪な犯罪を犯した人も、それなりの・・・
人の物を盗んだ人にも、それなりの・・・
人の悪口を言っている人も、それなりの・・・
人を虐めた人にも、それなりの・・・
人の事を笑っている人にも、それなりの・・・

それは
人の為に良い事をしようとしている人にも、それなりの・・・
愛に人に広げようとしている人にも、それなりの・・・
貧しい子供たちを助けようとしている人にも・・・です。

それぞれの人の愛のレベルに応じて、それなりのレベルでの問いかけがあります
いくらレベルが上がったと言っても容赦は無いです。
常にその人のレベルに応じた形で、
それなりの問いかけが起こっています。

ナザレのイエスにさえも・・・どのような問いかけが有ったと思われますか
あの時代に過酷な人生になっていますよね・・・
最後は十字架に張り付けにされて殺されますが
彼はそれを実行した兵士も愛そうとしたと言われています
「神よ許したまえ、この者たちはまだ解っていないだけだ・・・」と
祈りながら殺されて行きました。

私達の日常では
それが「大いなる問いかけ」だと理解できると
急速に救われるようになっていますよ!

幸せは続かない!

楽しく幸せな時と言うのは
続かないようになっています。

その理由は
普通多くの人が考える幸せが
限定的な我欲だと言う事と
その事で至福感が続いていると
そこで貴方の成長が止まってしまうからですね・・・。

成長が止まってしまう事を貴方の魂は嫌います。
エゴの追求のレベル欲望だから、達成されると飽きるようにもなっています
これは生きて行く上では多くの人が一定のレベル水準までは
これが無いと生きて行けない・・・と言うような人も出てくるからですね。

そう言う人にとってはエゴの追求は、人生の浮袋の
ようなものでも有る訳です。

一定の水準までの浮袋で、その水準を超えてくると
自分の人生が何だったのかを見つめ直す次期がきます
精神性が発達してくると言う事です。
こう言う事が多くの場所で起こっていますよ!

精神性を発達させる為には
別れに出会ったり
嫌な事も経験すように出来ていて
その嫌な事の中から学んで精神的に成長しなさいよ・・・
って言っている訳です。
貴方の魂の言葉だと思って、辛いと思う事を
なぜ自分はこの事を辛いと感じるのか・・・を
追求しながら生きれば良いです

貴方が精神的にかなり成長すると
嫌な事も起きなくなりますよ!
成長するとは、生きている意味を理解する事でも有る訳です

生活の中全般で常に
世の為人の為に生きて行けるようになった時が
今の私達の完成系ですよ!

科学中心の考え方が
今の時代の考え方になろうとしていますが
多くの人(世界中で)は神が存在していると思っています。
ここに、物質科学中心の考え方と、宗教的な物の見方のギャップが
生じています。
これは、科学が神の存在を証明できないから・・・
科学中心に物事を判断しようとしているから・・・
宗教が非科学的な事を言うから・・・等で
起こっている現象ですね。

どちらも良い事では無いですね・・・。

欲の追求の結果で今のような社会になっています
社会(世界)がまだ、我欲の追求、利益に追及社会が悪いとは
考えていない結果です。
結果的に騙し、偽り、腐敗が横行しています。
自分達だけが富めば良いと解釈しているから
地球規模の社会的な損失が出ている事を認識できていないと言う所ですね。

その昔は宗教がこの分野での教育のコンセンサスを作っていましたが
科学が発達するにつれて、宗教の非科学的な説明では説得力に欠ける為に
宗教が後退しています。
科学万能主義ですね・・・
この科学万能主義は物質主義に変化し、資源の確保、物欲へと
方向を変えています。
もともと科学は物質を探求する学問ですから・・・当然ですが・・。
精神性の探求がおろそかになってしまっていますね。

この物質主義に我欲が加わり、今の社会になってきています。
人を苦しめても、
人を押しのけても
物質を独占し集めた方が安全、安心
お金を持っている方が安全、安心
どんな事をしてでも経済戦争に勝つ必要があると
考えている人が多いと言う事ですね。

人類は傷付け、奪い合い争い合うのでは無く
助け合う方向に考えるようにする方が良いと言う
結論を導く必要があります。
助け合い与え合う方が簡単でコストも安くなり
地球全体の環境にも良いと言う事を
人類が理解するまで、続いて行くと思いますよ!


人類が
「愛の奉仕行動」を基本とする社会を築かないと
この星は人が住めなくなってしまう可能性を秘めています。

それなりに進化した科学技術を持ちながら
その星の生命体が「魂の進化」を成し遂げられずに
自らの星を、汚染し破壊して崩壊させてしまって
その種族が滅亡した星は沢山有るそうです。


「魂の進化」とは
神の方向に向かう事で
この方向に向かって進化、発展に努力する事が必要なのです。

思いやり、助け合い、協力し合い、譲り合い
この様な心が人々に根付かない限り
この地球に飛躍的な発展は無いのです

社会の価値観
社会の在り方、人の生き方が根本的に変われば
地上から犯罪の多くが無くなり
住みやすい世の中になります。

私達の遠い将来ですが、
人類の大多数が
生涯を通して「愛」を表現できるようにまでになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

科学万能主義はそれ以前の
宗教万能主義から
真理の探究に一定の成果を収め
私達の生活を一変させ、
過酷な生活から
快適な物に変えてくれました。
しかし、
この科学万能主義が
物質主義になり
物質の奪い合いから
エネルギーの奪い合いに
なっており
地球環境の際限ない破壊に
繋がっている所から見ても
今の世界の混乱を招いていると
言っても過言ではありません。

この物質主義、科学万能主義が
作り出している世界が
今の世界で
民衆のエゴの追求は今や
民族主義にまで
その矛先が向いています。

もうそろそろ、
新しい主義、主張の元に
世界が動いても良い時期で
今まで科学で解明されなかった
精神の世界に足を踏み入れて
物事の解決を図る時期に
来ていると思っています。

これが形而上学を
推し進める一つの理由で
強いて言うなら
形而上学主義とでも言いますか
この分野の研究と
学問的な構築に
人類は向かうべきだと
思っています。
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール

life_trekker

  • ライブドアブログ